占いは、不安や悩みを軽くしてくれるツールです

  • 投稿日:
  • by

わたしは、良い結果の占いは全面的に信じますし、マイナスな結果の占いなら、そうならないためにどうすれば良いかを考えるようにしています。占い師のもとへ直接出向いて占ってもらったこともありますが、マイナスな結果が出たときは「どうしたら回避できますか」とアドバイスをもらうようにしています。
占いの結果は、絶対にそうなるものではないと思っています。実際、占ってもらった結果にはならなかったこともあります。でも、それで「占いは嘘」とは言えません。占いの結果によって気持ちをあまり左右されないようにしながら、前向きに対処できるように心構えをしている感じです。手相占いでも良く言われることですが、未来は刻一刻と変わっているんです。それは、どの占いをしたとしても同じだと思います。占いをしてもらったときと、そこから一歩外へ出たときはには、まったく違う未来になっていることもあるそうです。
友人はタロット占いにはまっています。タロットカードを購入して、毎朝、自分のことを占っているそうです。その友達が言っていたのですが、タロットカードは一緒に出たカードの組み合わせによって意味が違ってくるそうです。また、占っている人の解釈によっても、占いの結果は違ってくるようでした。そういう占いのほうが、わたしは良いと思っています。おみくじのように、すべてが明確に書いてあると誰にでも分かりやすいのですが、そこから先の判断をどうしたら良いのか分からなくなってきます。
雑誌の裏についている星座占いも、必ず見てしまう占いですね。日本中の運勢が12星座で分類されるわけがないのですが、参考までにという気持ちで読んでいます。その月の最も良い運勢になっていると、自分自身に良いことがなかったとしても何だか嬉しいものです。
未来や、これから先のことは誰にもわかりません。分からないからこそ、とても不安に感じてしまい、悩むこともあります。占いは、その不安や悩みに、ひとつの答えを示してくれるものです。占いを信じることも、端から信じないのも自由ですが、良い結果がでたらそれに向かって努力できそうな気がします。占いは、わたしにとっては「絶対」ではありませんが、あると気持ちが楽になるツールです。
占い結果を全面的に信じて、なにをするにも占いに聞いてからという友達がいましたが、それは自分で判断することを放棄しているだけです。占いの結果は、あくまでも参考程度に留めておくほうが、幸せな気持ちになれます。